FC2ブログ

2018年11月20日 ゲーム覚書2018

一か月早めの毎年恒例ゲームの事色々。

■サムライスピリッツシリーズ
アケアカNEOGEOで出ている五作と、PS4版零スペによって触れる機会が出来たので
手を出してみました。良くも悪くも作品ごとに特徴が出ており、万人受けこそしそうに
ないもののファンから長年愛され続けているのにも納得がいきます。
世紀末格闘ゲームで有名とされる斬サムも演出面では凄く魅力的に感じますね。

■Bloodstained: Curse of the Moon
IGA氏がどうこうよりもインティ・クリエイツ制作という事で気になっていたタイトル。
悪魔城ドラキュラシリーズに対する思い入れがやや薄れかけていた私にとって
単独の作品として問題無く遊べました。というよりも今は目先の事で精一杯で
悪魔城の事でうだうだ言っている時間が無駄に思えるようになったとも言えます。
我ながら心が広いのか狭いのかよく分からない…

■ソウルキャリバー6
おそらくバンナムの方針によってDLC前提の設計にされた事は悔やまれるものの
(特にキャラクリ方面)
ゲーム自体の芯がしっかりしており、尚且つゲーム内ガイドも充実している為
上達する事そのものが楽しく感じる貴重な格闘ゲームではないかと思っています。
私が対人ゲーを苦手とする理由の一つに上達の糸口が見えないというものがありますが
このゲームはそういった不安を見事に解消しているのではないでしょうか。

■ドラゴンクエストX オンライン
リアル友人と一緒にのんびり遊び続けた事でVer3までストーリーを読破し
ようやく最新のストーリーであるVer4に入ろうとしている状態です。
ストーリーそのものが割と賛否両論みたいですが、私としてはある種の安心感もあって
進める事そのものは楽しく出来たのではないかと思っています。
PSO2で支援役が好きな私にとって、旅芸人が波長の合う職業だったので
これを育て続けましたが、自身の火力不足に悩まされる反面支援をそつなくこなせるのが
とても面白く感じました。逆に言えば私は火力職に苦手意識があるみたいです。
ウェブマネー決済で月額1000円で遊べる気軽さもあるので、今後ものんびり遊べそう。

■ファイナルファンタジー14 オンライン
火力職に苦手意識がある私にとって、敵を引き付けるタンクは天職とも言える楽しさで
タンクならではの責任を背負いつつも、自分に出来ない事を考えなくてもいいという
発想の転換によって、オンラインゲームならではの楽しさに特化した世界を生きています。
ストーリーを進める為のダンジョンでマッチングをしなければいけないと聞いた時は
これゲームとして大丈夫?と疑問に思ったものの、日課要素であるコンテンツルーレットに
よって不足人数が短時間で補充されてダンジョンに突入出来る仕組みは見事の一言。
ダルいと評判の新生エオルゼアのストーリーもある程度ゲームが進むと
良い意味で一昔前のファイナルファンタジーを感じさせられる雰囲気があって割と好きです。

■ファンタシースターオンライン2
今年は今まで以上に人間関係のトラブルや、トラブルを未然に防ぐ形での友情破壊が
多かったそんな一年でした。ロールプレイ活動を新しい風として取り入れた結果
見なくてもいい世界を沢山見てしまった事で、私自身のメンタルの弱さを再実感する事に…
新しい事を取り入れるのは確かに必要かもしれないし、それで楽しかった部分も多少は
あったのですが、私としてはPSO2をゲームとして楽しめる数少ない仲間との時間を
最優先したかったという気持ちが強かったです。中の人同士の付き合いというかキッカケが
無いとロールプレイ活動もままならないような私なだけに、ロールだけの関係というのは
あまりにも無理難題と言わざるを得なかったのです。

ゲームとしては波乱の時期から少し経過した事で自分のスタイルに疑念を抱く事も
無くなりましたが、PSO2に関わるアンチ、信者ともに一線を越えたものがあり
it-tellsのサービス終了によってツイッターしか捌け口が無くなってしまった事が
全体的にマイナスに働いているように思えます。it-tellsが稼働していた当時は
SEGA IDによる統括によって過ぎた発言をした人が直接BANされるという抑止力が
あったのですが、ツイッターにはそんなものは存在しないのでミュートとブロックだけでは
対処しきれないレベルの異常な世界に疲れてしまいました。私自身もマイナスの感情に
同調してしまう事で加害者と言える立場になってしまったので、反省と自戒の意で
ツイッターを少しの間お休みしています。内心文句を言う位ならミュートしてくれという
考えこそありますが、無差別爆撃で人を嫌な気持ちにさせるのは不本意なわけで…


それでは皆様、良いお年を。

2017年12月22日 ゲーム覚書2017

年末恒例、2017年に遊んだかもしれないゲームの感想を。

■地球防衛軍4.1 THE SHADOW OF NEW DESPAIR
楽しいけれど消化しきれないステージ数にへばってしまい未だノーマルすら
クリア出来ておりません…5を買いたい気持ちもある程度はあるのですが
また消化しきれないかもしれないという考えに悩まされています。

■ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期
ゲーム終盤の展開を許せるかどうかで評価が二分するであろうそんなゲーム。
逆に言えば第五章までは安定のダンガンロンパとして楽しめるので
ベスト版が近い今なら軽い気持ちでやってもいいんじゃないでしょうか。

■Fallout4
世間的にはロールプレイの余地などの事で賛否が分かれていますが
逆に言えば私のような一見さんでもオープンワールドに入門出来る
良作だったと思います。ゲーム終盤で辛い選択を強いられるために
何もかも平和に終わらせる事が出来ない辺りにはもにょったものの
殺伐とした世界観にはピッタリの展開とも言えるので難しいところです。

■ハースストーン
インフレにインフレが進んで熱が冷めてしまい、連鎖的にログイン意欲を
無くしてしまって復帰する事が難しくなってしまいました。MTGにあるような
一定期間でカードがレギュレーション落ちするシステムは常に新鮮さを
提供してくれるというのは分かってはいるのですが、それだけに
一度離れてしまうと現環境の理解からまた始めないといけないので
重い腰を上げられるかどうかにかかっていそうですね。私には無理でした。

■ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
人生初のゼルダが歩く事だけでも楽しいオープンワールドでド肝を抜かれました。
歩いていくうちに次の目的地が遠くから見えてくるマップ設計はやはり凄いもので
3D空間の冒険を心行くまで楽しめた気がします。

■ドラゴンクエストX オンライン
結論、パッケージ代+月額課金は正義だった。
PSO2の終わりが近い社会にうんざりしていた私にとってドラクエは見事に
波長が一致し、誰もがある種の覚悟を持ってお金を出してこのゲームに
突入している為にあからさまなヤバい人も少なめでかなり好印象です。
(ただし一部ではゲーム慣れしてない人ならではの闇もあるとかなんとか)
おつかい要素の多さに目を瞑れば要所要所で完成度の高さを感じ取る事が出来る
稀にみる良オンラインゲームではないでしょうか。

■スプラトゥーン2
遊んだ期間は一ヵ月弱くらいでしたが、他にやりたい事に追われる形で
いつの間にかやらなくなっていただけなので、ゲームそのものは皆が言うほど
悪くないんじゃないかと思います。対人戦が全然ダメな私にカジュアルさのある
PvPを教えてくれたという点だけでも大いに評価したいところですね。

■スーパーマリオオデッセイ
64時代のアクションに思い入れがある私にとってはそれだけでも楽しいものがあり
なおかつ歩き回るだけでも楽しい世界は、短い時間ながらも強い満足感を残しました。
スイッチの購入ソフトに迷ったらゼルダに次いで買っちゃってもいいと思います。

■ファンタシースターオンライン2
運営、ユーザー共に終わりを望んでいるかのように現状は非常に危ういと
言わざるを得ない状態。そんな私に出来る事はせいぜい楽しいと思える事だけを
精一杯楽しむくらいですが「ゲームを楽しむために無理矢理な努力が必要」という
価値観が異常なのではないか?と問われたら返す言葉がありません。
自分のキャラと人様のキャラを描く事自体は本当に楽しいのですが
ゲーム内のNPCに思い入れが薄いというのも我ながら変な気がしなくもない…

では皆さま、よいお年を。

2017年07月23日 無題

ゲームの事とか何となく思った事とか

■ニンテンドースイッチ
何気無く買ったゼルダにどっぷりハマり込み、その後はスプラトゥーン2の
対人戦に抵抗がある人でも気軽に楽しめる間口の広さにビックリしています。
スイッチ発売当初は目的意識が希薄なまま本体を予約しましたが
結果的に想定以上に楽しめているので良しとします。

■SNSの事
他人に嫌われているかもしれないだの、私が他人を苦しめているかもしれない
だの考えてしまう私は、根本的にツイッターに向いていないと確信しました。
ただ単に連絡用ツールとして優秀だから使っていた感が否めないというか
いちいち見たくない情報を制御しにいくよりは、バッサリ見ない事を
選んでしまうほうが楽という結論に至るレベルで向いていないなあと。
SNSや赤の他人に対して「嫌いではなく無関心」でいられたらいいのにね…

■PSO2
自分のキャラを電子の海に沈めたくない気持ちはやはり強いし
絵を描き続ける最大の動機になっているのも事実なのですが
時折SNSにも似た苦しさを感じてしまう事があります。
せめて私を支えてくれているフレンドさんだけでも信じ続けたいのですが
突然音信不通になったり無視されたりする事は当たり前の世界なので
私が相手を信じる事によって結果的に重荷にならない事を祈るばかりです。

2016年08月18日 PC版Fallout4のPip-boyが表示されなくなった

グラボのドライバをアップデートしてからメニュー画面が暗くなっていたので
どうしたものかと思っていたのですが、描画設定のアドバンス項目から
アンビエントオクルージョンをオフにする事で正常に見えるようになりました。
探し方が下手なせいかググっても出てこなかったので、自分用にメモ。

2016年06月09日 PS4が死んだ時の事

コンセントを入れてスタンバイモードにしていははずのPS4のランプが
突然消えていて、何事かと思ったらPS4が起動しなくなっていました。
とりあえずセーフモードで起動したものの、それでもダメっぽいので
グーグル先生に聞いた結果、コンセントを抜いて数分放置してから再度
PS4をセーフモードで起動する事によって直るみたいです。

何とか直ったものの、バグなのかハードウェア的な問題なのかよく分からず
リモートプレイの為にスタンバイモードを常に使っている私としては不安が…
そのうちこれとは別の問題でソニータイマーが発動しそうで怖いなあ。