1. きまずいシチューができました(雑記)
  2. きまずいシチューができました(雑記)
  3.  » ゲーセン

--年--月--日 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年09月14日 偏食の中の偏食

アケ魔城のデータが消えないうちに再プレイ完了…何度やっても
1コインで2面をクリア出来ないウチは致命傷だと思います。
ウィッチさんエンディングを生で見たいけど、ウチの実力じゃ連コ必須ですわ。
ついでに遊んだレイジングストームも3面ボスでダウン。腕枯れすぎて泣けたorz
この歳でゲーセンに行こうって気になって、極力連コインは控えようと
思えるだけでも良い事なのかもしれませんが…

しかしよく考えてみたら、本気でやり込み続けたゲームが数えるほどしか無く
ゲームの出来がどうあれ、好きになったものだけを気長に遊ぶウチなので
真っ当なプレイヤースキルの向上を望んでるかと言われると微妙な所です。
ゲーム自体の出来は結構気にしてて、国産RPGに対する感心はほぼ消えたのに
アクションやSTGに対してこの中途半端な姿勢はどうなのか、自分。
スポンサーサイト

2009年06月13日 鞭とか機銃とか

久々にゲーセンに行き、アケ魔城とレイジングストームを一回ずつ。
完全放置してたガンナーさんを使ってみたのですが、やはり一撃の管理が難しく
サブウェポンについ頼り過ぎてしまいます。まあウィッチさんほどでは無いとはいえ
ある程度サブウェポンの使用と前提とした性能になってるから別にいいのかなあ。
そして相変わらず1コインで2面ボスを倒せないというヘタレっぷりorz
でもって1面後半から1面ボスまでの演出は何度見てもかっこいいなあと思います。

レイジングストームはほぼアドリブだけで4面に突入し、救出サインが二連続きた所で
敵のロックオンマーカーに気付かず被弾。3面で救出失敗したのも痛い…
3面ボスが登場して追われる場面の時にマシンガンで攻撃しても効かず
ロケットランチャーやレーザー照射が効く辺りに、妙に現実味を感じるというか
連射以外の面で破壊感を意識してるような試みが見られて好印象です。
(その分、マシンガンゲーとしてのバカっぽいノリは薄くなっちゃってますが)

2009年05月30日 画面端がほぼ撃てない

カラフルタウン岐阜に寄ったついでに、久々にタイムクライシス4を遊びました。
直営店のくせに照準設定が酷すぎて、ガンアジャストが全く機能しないという
極悪台でしたが何とかノーダメージクリア。スコアはお察しくださいレベルですがorz

今まではデモ画面や大尉の活躍に注目しながらやってた事が多かったのですが
今回はゲーム中の背景に注目してみる事に。するとまあよく作りこまれている事。
国産3Dゲームでも、ガンシューはマップデザインに力を入れてくれるから嬉しいなあ。
更にオブジェクトが破壊可能だとそれによって存在感も強くなるしガンシューらしくもなる。
昔ほど勢いが無さそうなジャンルに見えるのが悲しいですが、今後も続けたいものです。

2009年05月10日 今更だけど

久々にアケ魔城とレイジングストームを遊ぶためにA.C.グランドへ。
アケ魔城は途中ステージ再開機能を使った上でトライ&エラーを繰り返し
ハンターさんでクリアしてきました(流石に全通しプレイは自分の実力では無理…)。
スタッフロールの最後らへんに「AND IGA」って他人事のように書かれててワロタw
なんで現行Pだからとりあえず名前が載っただけの、非IGA作品と見ていいでしょう。
以下、ネタバレ反転。

ネタバレといってもシナリオとかそーいうのじゃなくて演出が素晴らしかった!
5-A開始時にシモンのテーマの前奏が流れ、ナレーションの語りが終わり
ステージが始まると同時にテーレーレー♪(脳内補間必須語)と鳴った時には
そりゃもうウヒョーってきたね。でもって5-Aの舞台である時計塔もカメラワークが
しっかりアクションゲームしててよ!従来のジャンプアクションを一人称視点で
見るとこんな感じなんだなーとエラく脳がフットーしてました。

一つ残念な所を挙げるとすれば、伯爵の間がハナっから異空間だった事と
ラスボス撃破後にゲーム画面で進行していく演出が無かった事位でしょうか。
悪魔城の崩壊寸前までをリアルタイムで展開してほしかったなーというか
SFC版やヴァンパイアナイトでも用いられた"日光"を期待してたというか。

エピローグは予想通りのアッサリさで逆に安心。
最初から最後まで「ハンター対ドラキュラ」を貫いて、後は演出で語る悪魔城を
現行シリーズでまさか見れるとは思ってもいなかったので、今後もし仮に
アーケード開発チームのようなIGAとは別にゲーム作りするチームが発足するなら
このシリーズも捨てたもんじゃないかもです。まあ多分無理なんだろうけど
一つの思想に囚われない単発作品ならではの魅力を今後も見たいという淡い希望。

レイジングストームは1~2面にかけて凡ミスをしつつも、慎重さを心がけ3面に突入。
仲間を狙う敵は黄色のロックオンサイトで表示され、素早く倒すとボーナスとして
ライフが回復するみたいです、多分。ステージ展開に工夫があり色々楽しめるんだけど
マシンガンゲーとしての(良い意味での)バカっぽさはちょっと薄いかなーって印象。
巨大メカにロケットランチャーを使うのは確かに合理的なんだけど何かこうノリがなあw

2009年04月23日 無題

ありゃ、アケ魔城の追加キャラって誰かで一周しないと解禁されないんだっけ…
この際途中ステージ開始機能もフル活用して、まず一回クリア目指してみます。
時計塔マジ楽しみ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。