1. きまずいシチューができました(雑記)
  2. きまずいシチューができました(雑記)
  3.  » 戯言(長文)

--年--月--日 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年09月03日 ツイッター退会&PSシリーズに対する今後

唐突ですが今日を持ってツイッターを退会しました。
というのは自分の無神経な発言が多くの目に届く事でフォロワーをあまりにも
傷つけ過ぎたからです。自分は精神的に凄く弱いのでどうしてもこういった場を
捌け口に使ってしまい結果的に望まずとも多くの人の目に触れてしまう事に
なった事を本当に申し訳なく思います。ただそれにも関わらずいつもの関係を
続けてくださった方には逃げる形での退会となりましたので、もし再開する事が
あれば悪魔城ドラキュラ関係の方のみフォローさせて頂く事になると思います。

自分が精神的に荒んできた原因の一つにファンタシースターシリーズ(PSPo2i以降)が
あり、これらをプレイした事によって飛躍的に自分をダメにしてしまいました。
確かに挫折してしまいそうな所を皆に支えられ転生カンストまで達成出来たし
pixivでの交流では数え切れないほどの方々にお世話になりました。
しかしPSO2を始めて以降思ったのです、「企画限りの付き合いで済ませれば
皆を傷つける事も無かった」んじゃないかと。PSO2運営の海外対応の酷さが
自分を刺してしまった瞬間ツイッターで暴言の限りを尽くしてしまい
これによって自分の中の「人との縁」は終わりを迎える事になりました。

何より自分はこのシリーズに対しとてつもない勘違いをしていたのです。
「好きだから努力したんじゃない、努力して好きになれた」んだと。
好きになるという本能的な部分に努力を介入させるなど勘違いも甚だしく
集団意識による付き合いをしていた事に他なりません。
「好きな人同士が集まるコミュニティ」の中にこのような形で入って
しまった事ばかりは今後誰からも許してもらえるとは思っていません。
そして今後は自分にとってそれが可能な悪魔城ドラキュラシリーズで
ネット上での活動を続ける事にさせて頂きます。
仮に小春を始め自キャラを描くとしたらそれはファンタシースターとは
無関係な装飾の自分のキャラとして描く事になるでしょう。
今までシリーズの悪い部分も受け止めて自分にとって前向きな行動だけ
してきましたがそれももう限界です。休ませてください…


最後にある方へ:
例えどんな理由があろうと最後の最後まで自分に対して前向きな言葉を
かけてくださった事に本当に感謝します。しかしそんなあなたを追い詰めてしまった
事実を直視出来るほど自分は強い人間ではありませんでした。
だからこそお互い手の届かないところまで距離をおきたい
お互いがお互いの事を二度と考えなくても済むように心から願っています。
縁やお返しなんてどうでもいいのでどうかご自身の道を進んでください。


追記:
日比さんから「ネトゲはクソゲーと言いながら飼いならされていくもの」と
言って頂けた事に安心したのでもしかしたら別サーバーに逃げる形で
PSO2を続けるかもしれません。少なくとも9月下旬には小春を9鯖から
移動させると思います。結局ネトゲは固定メンバーによるPTになるという
結論に至ったので今まで以上に閉鎖的な活動をする事になるでしょう。
むしろ固定メンバーだからこそ愚痴の共有が楽しいとも言えます。
逆に言えばプレイヤー層の違うPSIクラスタとはお話が出来ないかもしれません。

9月4日夜、PSPo2iのインフラでアイリスさん達と今回の件で会話させて頂きました。
当初の自分の動機に関わらず今の関係を続けてくださってる事に本当に感謝してます。
この時ばかりは努力で好きになった事を少しだけ良い意味で捉える事が出来ました。
スポンサーサイト

2006年10月30日 おでかけざっき

日比さんと一緒に遠く離れた○○書店という所まで電車で行きました。
会社をクビにされて以来の電車だったので、ちと心に迷いが…
どの切符を購入するかで迷ったり、乗り換え場所で迷ったり
目の前の席の女子高生がパンツ見えそうな格好で足を組んでて
もの凄く目のやり場に困ったり…

で、結構時間をかけて何とか到着。
入り口の柵にプライズものと思われるおもちゃが乗っかってたり
壁に堂々とマニア雑誌だの同人誌だのと書かれた紙が貼られてて
この時点で、只ならぬカオスを感じました。そして、いざ入店。
以下めーっちゃいたいわぁ話につき注意。

…続きを読む

2005年10月27日 わたしの はんだんは まちがっていたのだ!!

今日、体育祭がありました。
珍しく長文ですので、時間を無駄にしたくない方はスルーで…
また若干シャドウゲイト的表現を含みます。

…続きを読む

2005年10月04日 夢だと信じたかった 現実だった

昨日の事なのですが俺は学校帰りに足が痛くなったので
近くの公園のベンチに座りました。
一息ついたその時、もう一人公園に誰かが入ってきました。
大体20代前半の男性でしょうか?

…続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。