1. きまずいシチューができました(雑記)
  2.  » その他ゲーム
  3.  » STG!

2008年01月23日 STG!

エーテルヴェイパーとHellSinker. ピリオドは忘れてませんよ
何と二日で我が家に来ました。仕事早えー!
個人的に両方とも東方以上に気になってたタイトルだったりするので
期待しまくっただけに、あっさり届いてオジサンびっくりさ(22だが…)。

■エーテルヴェイパー
初回プレイは4面ボス戦で撃沈。幼女つええ。
撃って楽しく、カメラ演出が楽しく、手応えのある難易度も楽しく。
3面辺りからパターン性が強くなりますが、それぞれの武器やチャージ攻撃を
使うタイミング次第で人それぞれの攻略法が生まれるかもと期待。
会話で多少テンポこそ落ちますが、普通にスキップ出来るので2回目以降も何とか。
とにかくSTGらしいSTGを遊びたい人は是非!なゲーム。

■HellSinker.
後ろでヴェイパーインスコ中 まあ目を凝らして見てくださいよ

薄っ!パッケージ薄! てか紙パッケージ!

CDケースでもDVDケースでも無い予想外のパッケージに驚き
しかもCD裏に傷がついててかなり焦りましたが、無事インスコ終了。
インストーラーもGCAの自己解凍式と、とにかく無駄という無駄の無さ過ぎる外面。

さて中身。体験版から結構遊んでた為に最低限の要領は覚えてたので
操作に困る事無く5面LUNAボス戦まで進行。4面で2機落として5面で全部落とした…
強烈過ぎるオリジナリティゆえに最初は戸惑ってしまうかもしれませんが
wikiを見ながらでもいいので少しづつ覚えていけば何とかなるかと思います。
特徴を挙げるとすれば…

・ゲーム性、音楽、演出、どれもがハイレベルかつ異質。
・弾幕系に見せかけて、実はパターンゲーかつ殺られる前に殺るゲー。
・ゆえに弾避けよりも攻撃パターン作りが重要(特に武器の使い分け)。
・ぞんでのような極悪さはなく遊び易い難易度。だが決して甘くは無い。
・最初はとっつきにくい反面、慣れるとゲーム中の所々に「気配り」を感じる。

ただ慣れるまでは説明書含めて壁だらけなので「好きになる為の努力は絶対必要」。
それを越えれば普通のゲームでは絶対味わえない面白さを感じる事が出来ます。
最近のゲームに食傷気味かつ強い挑戦意欲がある方なら必ず楽しめるハズ。

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URI
http://kimachuu.blog16.fc2.com/tb.php/394-476559d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)