1. きまずいシチューができました(雑記)
  2.  » スポンサー広告
  3.  » 「日常チャメシゴト」ってどうやってコミュニケーターで翻訳されてるの?
  4.  » スターオーシャン
  5.  » 「日常チャメシゴト」ってどうやってコミュニケーターで翻訳されてるの?

--年--月--日 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年04月05日 「日常チャメシゴト」ってどうやってコミュニケーターで翻訳されてるの?

■スタオ2SE
プリシスの参入時レベルが15という低さを逆手にとって、自主的に難易度を上げる為に
クロードを二軍送りの刑にしました。兜割がオーバースペック過ぎて救済措置のようにすら見えます。
これもバーニィシューズ使用制限をかければ、十賢者戦で役に立つのかな。
後、今回もラスガス山脈の向こうには何もありません。
アシュトンほんと哀れですね…砂漠のテスクチャもちょっとアレだったし。

さておき今日は、久々に妹と何故スタオ3はダメだったのかを話し合いました。
緻密に作り上げられてきた世界や社会全てに、ユーザーサイドによる妄想の余地が無くなってしまった事はもちろん
今までのシリーズは全て、時に非情とも言える科学的に納得のいく要素があったのにも関わらず、最後の最後で前触れも無く
「心によって世界が存在する」などというシリーズからかけ離れたご都合主義で完結させてしまった事など
直感的なショックに留まらず、考えるほどに粗の出てくる酷い構成だった事を互いに再認識出来た気がします。
(おかげでPS版スタオ2のエンディング直前会話や市長室の会話までもが現実味の無いものになってしまった)

今までのシリーズと3の中盤までを全否定するエンディングだっただけに、FD人疑惑が持たれている
ウェルチの参入 = 「いつか世界は人の幻想だけで救われますよ」と言われてるようなものと感じたので
この徹底っぷりだけはリメイク作品として評価してやりたいと同時に、呆れさえ覚えました。
力に対抗出来るのは力だけじゃなかったのか?滅びを目前としたネーデ人の決意はそんなに薄いものだったのか?
これらの現実にメインキャラも向き合う事になるのだから、キャラゲーにするにしてももっとマシな方法はあっただろうに…

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URI
http://kimachuu.blog16.fc2.com/tb.php/443-24eed790
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。