1. きまずいシチューができました(雑記)
  2.  » スポンサー広告
  3.  » 今更だけど
  4.  » ゲーセン
  5.  » 今更だけど

--年--月--日 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年05月10日 今更だけど

久々にアケ魔城とレイジングストームを遊ぶためにA.C.グランドへ。
アケ魔城は途中ステージ再開機能を使った上でトライ&エラーを繰り返し
ハンターさんでクリアしてきました(流石に全通しプレイは自分の実力では無理…)。
スタッフロールの最後らへんに「AND IGA」って他人事のように書かれててワロタw
なんで現行Pだからとりあえず名前が載っただけの、非IGA作品と見ていいでしょう。
以下、ネタバレ反転。

ネタバレといってもシナリオとかそーいうのじゃなくて演出が素晴らしかった!
5-A開始時にシモンのテーマの前奏が流れ、ナレーションの語りが終わり
ステージが始まると同時にテーレーレー♪(脳内補間必須語)と鳴った時には
そりゃもうウヒョーってきたね。でもって5-Aの舞台である時計塔もカメラワークが
しっかりアクションゲームしててよ!従来のジャンプアクションを一人称視点で
見るとこんな感じなんだなーとエラく脳がフットーしてました。

一つ残念な所を挙げるとすれば、伯爵の間がハナっから異空間だった事と
ラスボス撃破後にゲーム画面で進行していく演出が無かった事位でしょうか。
悪魔城の崩壊寸前までをリアルタイムで展開してほしかったなーというか
SFC版やヴァンパイアナイトでも用いられた"日光"を期待してたというか。

エピローグは予想通りのアッサリさで逆に安心。
最初から最後まで「ハンター対ドラキュラ」を貫いて、後は演出で語る悪魔城を
現行シリーズでまさか見れるとは思ってもいなかったので、今後もし仮に
アーケード開発チームのようなIGAとは別にゲーム作りするチームが発足するなら
このシリーズも捨てたもんじゃないかもです。まあ多分無理なんだろうけど
一つの思想に囚われない単発作品ならではの魅力を今後も見たいという淡い希望。

レイジングストームは1~2面にかけて凡ミスをしつつも、慎重さを心がけ3面に突入。
仲間を狙う敵は黄色のロックオンサイトで表示され、素早く倒すとボーナスとして
ライフが回復するみたいです、多分。ステージ展開に工夫があり色々楽しめるんだけど
マシンガンゲーとしての(良い意味での)バカっぽさはちょっと薄いかなーって印象。
巨大メカにロケットランチャーを使うのは確かに合理的なんだけど何かこうノリがなあw

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URI
http://kimachuu.blog16.fc2.com/tb.php/574-e8fc7183
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。