1. きまずいシチューができました(雑記)
  2. きまずいシチューができました(雑記)
  3.  » 戯言

--年--月--日 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年01月29日 無題

色々と吐き出したい事があるにはありますが
これ以上文字に書き出しても悪化する未来しか見えないので
しばらくの間こちらのブログはお休みします。
話題共有が唯一出来ているPSO2のブログはまだ何とか
続けられそうですが、他は悪魔城含めてどうにもならなくなり
正直疲れてしまいました…ではまた会う日までごきげんよう。

2014年01月09日 無題

ゴッドイーター2のアプデ情報が1.1以降全く無く
一ヶ月に一度のアプデと言っておきながら売り逃げムード
全開になっていて、やはりオフラインゲームに期待なんかしては
いけないと思わされました。何より1.1におけるバランス調整が
ヘタクソすぎて、大分モチベが削がれてしまったっていうね…
心の底から信用していただけに、かなりショックが大きいです。

そんなこんなで今年も豚のペルソナを被りながらPSO2を
続けていく事になると思います。もう信じられるのは
作り手じゃなくてユーザーだけ。そしてネトゲにおける
選択肢も他に無し。仮に一人で新天地に行く事になったとしたって
人と遊べなきゃ何の意味も無いからね…作り手に期待したら裏切られるもの。

今年は何を信じて生きていけばいいんだろう。

2013年12月12日 今年を振り返ってみて

気付けばもう一年が終わりそうな勢いになっていますが
来年ゲーム全体がどうなっているのかまるで想像出来ないというか
最初から期待しなければ何の反動の影響も受けなくて楽というか…

ただフレンドの力でPSO2が続けられているのは嬉しい誤算で
遊び方は運営に押し付けられるのではなく、ユーザーが勝手に
見つけ出していくものだという事を実感出来たのが良かったです。
互いのキャラを持ち寄って着せ替えするだけのゲームと言ってしまえば
そこまでですが、それが絵を描く動機になったりするから素直に楽しい。
別ブログもかなり高い頻度で更新出来ていますしね。

そしてここまで言えばもう分かるかもしれませんが、今年の私も結局
他人依存のゲームライフを送っていたという事に他なりません。
いつまでもこんな考えを引っ張っていたら、いずれ自滅するのは分かって
いるんですが、幻滅した時の反動が酷くなるから、一人だけで遊ぶゲームに
期待するなんてもう無理なわけで…そして相変わらずゲーム以外の趣味は
絵を描く以外に見つけられていないのが現状で、自分一人でも続けられるような
趣味の発見にはまだまだ時間がかかりそうです。見つかる保証さえ無いけど。

人間関係が希薄でもいいゲームが求められている中、もう少しだけ
真逆の方向で頑張ってみようと思います。では良いお年を。

2013年10月15日 無題

おおよそ1万弱のグラボであるGTX650で、とりあえず生き返りました。
問題はグラボの性能を活かしきれるようなゲームがあるかどうかですが…
ゲーム以外の方面でグラボの性能を活かす方法って何かないでしょうかね?


後はネット上を巡回していると、PS3を所持している人はある程度のゲーム熱を
維持出来ているように思えます。私も自分用のPS3があったら別世界を
見る事が出来たのかもしれませんが、実際どうなんでしょうねこの辺。

2013年10月02日 近況

グラフィックボードが突然死亡した事によって、遊べるPCゲームの幅が
狭くなりました。現在は日比さんの予備グラボで生きながらえてますが
借り物のグラボに余計な負担をかけるわけにはいかないので、結局今まで通り
携帯機ゲーム依存症が続きそうです。とは言え我が家の3DSはほぼ息をしていないので
依存したくなるようなコンテンツが欲しい所ではありますけどね…
ちなみに周りにモンハン4を買っている人は誰もいませんでした。
私にも言える事ですが、P2Gで皆燃え上がって3rdで冷め切ったんだなあと…
あ、後まだ日比さんにお礼が出来ていないので、よければ何か返させてください。


人間関係のいざこざ、HDD消去問題、能動的にやりたくなるコンテンツの少なさ
様々な問題にぶち当たったPSO2ですが、結局vitaのみで続ける事になりました。
特に私自身のネットゲームに対する価値観によって様々な人間関係をぶち壊す事に
なりましたが、それでも尚一緒に遊んでくれるフレンドとの関係だけでも
大切にしたいし、そのフレンドから頂いたアドバイスである「気軽に許しあう事と
逃げ道は作っておく事」「怒りの感情は一日で収まるから、落ち着いた後で
書けばいい」の二つだけは、PSO2に限らず肝に銘じておきたいものです。
何より自分のキャラと人様のキャラとの交流、これだけは他のゲームには代えられません。
別ブログを見て頂ければ、あの頃と違ってわりかし楽しそうに見えるかと思いますし
セガが特許を持っているからと言え、小春は太っているからこそ可愛いと言い切れます。


悪魔城に関する関心は相変わらず黙示録と月輪にのみに残っているという状態で
現行シリーズに対しては「今や私はユーザー面においても部外者だから
文句を言い散らかした所で皆にとってマイナスにしかならない」という保身的かつ
冷めた感情しかありません。せめて残った関心を主張出来るだけの画力や
発想力だけでも回復させていきたいですが、そういう考えが無茶そのものに思えてきて…
PSO2において表面的な部分を重視する自キャラ作りに夢中になっているような私なので
版権モノだと納得いく考えに至らなかった時の落胆が激し過ぎるんですよね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。